成分

ローヤルゼリーの副作用

自然由来の健康食品「ローヤルゼリー」は、ハチが女王バチのために1から作って食べさせる特別な食品です。
もちろん人間にとってもその効果は大きく、生活習慣病の予防や体調の改善などあらゆるメリットが考えられると言われています。
そんなローヤルゼリーですが、メリットばかり取り上げられて、デメリットについてはあまり話題になりません。
薬ではありませんが、このローヤルゼリーに「副作用」はあるのでしょうか?

・花粉症、アレルギー体質の方は注意
ローヤルゼリーは花の花粉、蜜から作られているものです。
よって、花粉症の方はローヤルゼリーを体内に入れることで花粉症の症状が出る場合があり、注意が必要です。
何もしらずに口にしてしまって、かゆみや咳が出てしまってはいけませんから、どんな製品でもローヤルゼリーが含まれている場合は必ず医師に確認してから口にするようにしてください。
また、アレルギー体質の方や喘息など呼吸器系の疾患をお持ちの方も、ローヤルゼリーで痒みや咳が出るおそれがあります。

健康食品やドリンクなどいろいろな製品にローヤルゼリーが含まれている場合がありますから、食品を摂取する前にはかかりつけの皮膚科などへ行って、ローヤルゼリーやハチミツを口にしても可能かどうか聞くようにしたいものです。
同じくアトピー、皮膚病などをお持ちの方はローヤルゼリーの摂取に注意が必要です。
体内に ローヤルゼリーが入ると「アレルゲン」として認識され、細胞が刺激されて皮膚病を発症する可能性があります。
発症には個人差があり、まったく痒みが出ない方もいれば、数ヶ月の継続的なローヤルゼリーの摂取で副作用が出た、という方もいるため、医師に確認のうえ、病気治療中の場合は摂取は控えるようにしましょう。

・お腹が緩くなる
ローヤルゼリーは栄養分が凝縮されているため、胃腸の弱い方はお腹がゆるくなる可能性があります。
特に生のローヤルゼリー原液や粉末を食べ物に混ぜる際は、過剰摂取は避け、無理のない範囲で摂取するようにしましょう。

このページの先頭へ