成分

固有の成分デセン酸

ローヤルゼリーに特有の成分である「デセン酸」については、ローヤルゼリーの中だけに含まれる不飽和脂肪酸の一種で、語る上で欠かせない存在です。http://www.flowerpotlondon.com/des.html

ローヤルゼリーだけに含まれる特有成分としてその価値についても高く評価されています。
デセン酸の正式名称は「10-ハイドロキシーδー2デセン酸」であり、ローヤルゼリーの中にどれだけ含まれているかによってローヤルゼリーそのものの品質や価格などが決定されています。

つまり、デセン酸こそがローヤルゼリーの本体とも言うべき栄養成分なのです。
デセン酸の効果としては、血糖値を低下させる、血圧を下げるなどの血液に関する効果のほか、発がんの抑制・コレステロールの調整(低下)・その他女性ホルモンと似たようなはたらきをするなど、どれをとっても人体に有益な効果ばかり。
また、女性ホルモンに似た作用によって、更年期障害の改善や生理不順など、女性特有の疾患への予防も期待できると考えられています。

デセン酸は、ローヤルゼリーの味に独特の酸味を与えていることでも知られています。
ハチミツは花の蜜などを原料としているため甘みがありますが、ローヤルゼリーはいったんハチの体内に花粉などが入れられてから、ハチの分泌液として再生産されるため、独特の酸味を持っているのです。
最近ではローヤルゼリーの効果をより直接的に実感するため、採取したばかりの生ローヤルゼリーや、生ローヤルゼリーを配合した製品が多く登場しています。

確かに、採取後長時間おいたローヤルゼリーよりも鮮度や純度が高ければ高いものほど、効果も実感しやすくなります。
デセン酸をローヤルゼリーから摂取しても、効果がどれほど実感できるかは人によって個人差があります。
しかしながら、生活習慣病や婦人病が緩和できるというのはとても魅力的であり、デセン酸は今後さらに注目されていくと考えられます。
これからローヤルゼリー製品を選ぶ際は、ぜひデセン酸の含有量をチェックしてみると良いでしょう。

このページの先頭へ