成分

ローヤルゼリーの採取方法

ローヤルゼリーを採取する一般的な方法は、女王バチ候補の幼虫が入れられている「王台」という巣を取り出し、その中からに詰まったゼリーだけを取り出すというものです。
しかし、それでは結果的に女王バチ候補の幼虫が育たず、他の働きバチにも迷惑がかかることから、別の方法を探す必要がありました。
また、自然の王台は数が少ないため、収穫できるローヤルゼリーの量も十分ではありません。

そこで考え出されたものが、「人工王台」を使うという方法です。
人工王台はあらかじめ王台に見立てた入れ物のことで、ハチの巣に置いておくだけでセットが完了します。
さらに、セットした人工王台の中に孵化したばかりの幼虫を移し入れてしまいます。

ハチの幼虫というと丸々太ったイメージがありますが、生まれたばかりですので体長はわずか1ミリほど。
このプロセスは「移虫」と呼ばれ、ローヤルゼリーを作る工程のなかでは非常に重要な部分になります。
移虫の後で人工王台にやってきた働きバチたちは、「次の女王バチ候補がいる」と勘違いし、ローヤルゼリーを生成してはその幼虫に与え続けます。

若いハチは何も知らずに、この幼虫のためにせっせとローヤルゼリーを与えつづけます。
ローヤルゼリーを取り出すタイミングとしては、移虫から72時間後が目安です。
もっと新鮮なものになると48時間以内がベストと言われていますが、いずれにしても人工王台を巣箱からさっと取り出し、ローヤルゼリーだけを採取しなければなりません。

この時、既に中にいた幼虫も別のところに取り出してしまいます。
このように、ローヤルゼリーの多くは働きバチも知らないところで人間の手が加わって作られており、現在もっとも効率の良い製造方法になります。
もちろん自然にできたローヤルゼリーを採取することもできるのですが、時間がかかりすぎたり、安定的な量が採取できない可能性もあるため、人の手を加えた製造方法が一般的に採用されています。
そのような形でとられているローヤルゼリーの気になる味はhttp://www.innsysinc.com/Taste.htmlにいくつか試した方の感想が載っています。
どうやらハチミツのような甘さではないようです。

このページの先頭へ