成分

ローヤルゼリーの質

ローヤルゼリーの消費がもっとも多い国、それはヨーロッパでもアメリカでもなく、なんとこの「日本」であると言われています。
1950年代のブームからすでに60年以上が過ぎてもなお、ローヤルゼリーについての研究は進められており、日本人の健康志向の強さを感じさせられます。
日本国内で消費されるローヤルゼリーというのは、実は原産国は別にあります。

以前までは中国が圧倒的でしたが、最近では台湾などもローヤルゼリーの生産に関わるようになってきており、台湾産は質が良いものが多いhttp://zadeline.com/price.htmlため、日本国内でも人気が高まってきています。
ローヤルゼリーは、中に含まれるさまざまな栄養素のうち「デセン酸」と呼ばれる不飽和脂肪酸がもっとも重要といわれています。
デセン酸が多ければ多いほど酸味が増しますが、逆に栄養価は高く、私たちの身体に入ることで即戦力となってくれる栄養成分でもあります。

ローヤルゼリーを購入するにあたっては、何といっても「質」が重要です。
同じローヤルゼリーなら何でも良いというわけではなく、あくまで健康のために口にするものですから、それなりの品質が保証されていなければなりません。
デセン酸の配合率を確かめることができなくても、成分表示をきちんと行っており、原産地や生産方法など、消費者があらかじめ安心できるよう情報開示がされている商品を購入するようにしたいものです。

例えば、中国産のローヤルゼリーなどは非常に安価なぶん、ゼリーそのものの品質があまり高くはないと言われています。
とはいえ、ちゃんとした養蜂家のもとで採取されたローヤルゼリーなら中国産だからといって敬遠することもありません。
どれだけ信用度があるか、宣伝を過剰に「盛って」いないかどうか、値段に見合った品質かどうかがまず確認するべき部分です。
日本国内で生産されているローヤルゼリーについても、生産地を偽っていたり、成分表記を省いている製品などは山ほどあります。
まずは必要事項をしっかりとチェックして、心から納得できる製品を購入するようにしたいものです。
良質なものを見極める方法がhttp://buffaloridgefarm.com/lasix.htmlで紹介されていますので参考にしてください。

このページの先頭へ